私は子供ができるまでは、ずぼらで、なんでも適当が大好きでした。でも結婚して、旦那さんがちょっと几帳面というか、神経質というか…そういうところがあるので、少しずつずぼらで雑な性格が、ちょっとした几帳面な性格になってきました。
結婚して、子供を授かり、赤ちゃんが小さい間は、洗濯物は赤ちゃんのだけ別で洗い、離乳食も手作りで、市販のものなんか絶対使う事はないと思い、毎日毎日、本当に神経質に子育てをしてました。
ただ、泣いたりぐずったりすることにイライラすることはなかったのですが、赤ちゃんの周りの事に神経質になってました。
でも、寝返りが始まり、離乳食が始まり、つかまりだちが始まると、「神経質」に時間を使う事がイライラの元だと思い、「やめよう!」と神経質にきにする事をやめました。
離乳食も、初期、後期はいいんですが、中期はどうしても、柔らかさや、味が子供の好みに合わないと、すごく機嫌が悪く、食べてくれなくなりました。そこで、私が意地を張っても子供は成長しないので、思い切って市販の離乳食を買って食べさせてみると、喜んで口を開けペロリと食べてくれました!それが嬉しくて、味は少し濃いめにはしてあるんですが、子供が喜んで食べてくれるものが1番だと思い、手作りと市販を合わせたりするようにしました。
親の理想も、プライドもイライラの元になるなら子供にとっても自分にとってもいいことは1つもない、そう思うようになり、リラックスして、のびのびと子育てを楽しんでます(^ ^)