待望の妊娠。覚悟していたつわりもそんなにつらくなく、体重管理もばっちり!「私ってなんて優秀な妊婦さん」なんて思ってました。34週に入るころ、里帰り出産の為に、実家近くの産婦人科を受診しました。

ちょっとお腹が張るかな~なんて思っていたのですが、受診の結果は、「切迫早産で即入院」。子宮口はすでに2センチ開いているのでしばらく安静にして、赤ちゃんが出てこないように子宮入口を縛る手術をしましょうということでした。お腹の赤ちゃんは、まだ2500グラムに満たないため、もう少し体重を増やしてから産んだ方がいいというのです。ショックでお昼ご飯も喉を通らず、とりあえず入院の準備をしに一旦家に帰るも、頭の中は「何がいけなかったのだろう?赤ちゃんは大丈夫なのかしら?」という思いでいっぱいでした。パパに連絡すると「縛るって、紐でか?」とイメージがわかない様子。

そうして24時間、陣痛が起きないように点滴につながれた入院生活が始まりました。確かに、点滴をすると、カチカチだったお腹がスッと楽になり、「ああ、張るってこういうことだったんだ」と思いました。1週間後に全身麻酔で子宮口を縫う手術を受け、点滴は必要なくなりました。そうして退院となり、赤ちゃんの体重が2700グラムになったころに抜糸をし、3日後には無事に生まれてきました。

動きすぎも良くなかったのかな?と反省した出産でした。